unnamed (1) (4)2
147

【個人に合わせたレッスンレベル】少人数のMBAプレミアム校で集中的に英語学習!

武田兼明 29歳 / 元酒造メーカー営業 ビジネスマンツーマンコース


めぐ
今までどんなお仕事をされていましたか?



unnamed (4)
現在、セブ島に来て1年以上経ちますので、かなり前の話になってしまいますが酒造メーカーで営業をしていました。



めぐ
これまでのお仕事で英語を使う機会はありましたか?



unnamed (4)
ほとんどありませんでしたが、英語へのモチベーションのきっかけは前職での海外出張でした。




めぐ
そのきっかけとは、具体的にどの様な経験ですか?



unnamed (4)
日本酒を販売する為に、メキシコに行きました。その際に英語が全く話せなくて、これはまずいと思い英語を学ぼうと決意しました。
また、食紀行を書かれているある作家さんの本を読むのが好きだったんですね。この方は外国の方なので、もちろん原文は英語で書かれており、日本語に訳されて出版されているのはほんの一部だということを知ったのです。
英語を習得して、この作家さんの本を読破したいという気持ちが大きなモチベーションの1つです。



めぐそうだったんですね。
今回、セブ島でのフィリピン留学を選んだ理由は何ですか?



unnamed (4)元々、私は人と会話をすることが苦手でした。そんな人間が、アメリカやイギリスに留学してグループレッスンを受けたとしても、英語云々の前にそもそも話せないで終わってしまうだろうと思いました。
また、私は少し怠け癖があり、アメリカなどの語学学校を調べた際に、自主性に任される学校が多いと聞いていたので、怠けてしまう人は流されてしまうだろうという危惧がありました。
そこで、マンツーマンレッスンであればこれら二つの心配も大丈夫だと思い、マンツーマンレッスンの多いフィリピンのセブ島で留学することを決めました。




めぐ数ある語学学校の中からMBAプレミアム校を選ばれた理由は何ですか?



unnamed (4)英語トレーナー(※1)の福田さんとあるイベントで知り合い、私が通っていた語学学校に彼も以前通っていたことを知りました。そしてこの人がいるなら、安心できるだろうと思ったことが大きかったです。
それに加え、少人数制が自分には合っていると思っていたことや、個人的に以前からTHE COMPANYの個別ブースを借りていたのでMBAプレミアム校の存在は気になっていました。
もちろんオリジナル校も検討したのですが、知り合いの福田さんがいるプレミアム校を選択しました。
※1:MBAプレミアム校では日本人トレーナーが常駐しており、フィリピン留学前後も含めて徹底的にサポートしてもらえる



めぐ 選んで頂きありがとうございます。
実際にMBAプレミアム校で生活されてみて、何か特徴的なものは感じましたか?



unnamed (4)他の学校に比べ、バランスが良いと感じました。私の場合、実は他のセブ島の語学学校にて留学経験がありますが、それぞれの学校に特徴といいますか、重きを置いている部分があります。
ある学校は、セブ島でのプライベート的な経験や友人関係の構築に重きを置いている学校もありましたし、一方で、英語習得に重きを置き、門限などのルールも厳しい、いわゆるスパルタ的でビジネスライクな学校もありました。
しかし、MBAプレミアム校は英語学習に対しては厳しめであり、その一方で生徒さん同士や先生との交流もある、とてもバランスの良い学校だと感じました。個人的には、とても生活し易かったです。




めぐありがとうございます。
MBAプレミアム校のレッスンはいかがでしたか?



unnamed (4)「先生達に厳しくしてください。」と頼んだ途端に一気に厳しくなったことが良かったです(笑)。
ライティングのクラスでは、それまでエッセイの感想を書く内容から、一気に時事評論に関する内容に変わりましたからね(笑)。
私にとって非常にありがたかったです。
あとは、MBAプレミアム校のレッスンの雰囲気が選択できたことも良かったですね。
前にいた数校では、どの生徒にも一貫して厳しい学校もあれば、生徒をお客様として扱い、どの生徒にもとても優しく接する学校が多くありました。学校の特色であり、仕方のないことだと思いますが、やはり合う生徒合わない生徒が出てきます。
しかし、MBAプレミアム校の先生たちは、生徒1人1人に合わせて、レッスンの厳しさだったり接し方だったりを良い意味で調整していたので、その対応力に驚きました。



めぐ 個人に合わせてレッスンレベルを選べるのもMBAプレミアム校の特徴となっております。
MBAプレミアム校のレッスンで印象に残っているものは何ですか?



unnamed (4)コアティーチャー(※2)のビジネスイングリッシュのレッスンが印象的でした。
てっきり初めからビジネスシーンのミーティングとか、ある商品を売るためのシチュエーション等のレッスンが始まるものかと思っていました。
しかし、初めの方のレッスンではビジネスシーンで使う丁寧な英語表現を教えてもらい、それを使ってクライアントや上司、同僚といった方々と会話を続けるというロールプレイをしました。
今まで経験したビジネスイングリッシュのレッスンでは無かったタイプでしたので驚きましたが、そもそもこういった会話ができないとビジネスイングリッシュは習得できないと思ったので、とても為になりました。
もちろん後半では、ミーティングや模擬セールスのようなレッスンもさせていただきました。
※2:MBAオリジナル校で生徒1人1人に対してつく担任講師



めぐMBAプレミアム校にフィリピン留学されて、英語面で成長は感じられましたか?



unnamed (4)MBAプレミアム校に来るまでは、頭の中にあるアイデアを英語で上手くアウトプット出来ない状態でした。具体的に言うと相手の言っていることは理解でき、返答のアイデアも頭に浮かぶのですが、如何せんそのアイデアを正確に英語で表現できず短文での回答になったり、長い文章だと意図していることと違う内容になったりという状態でした。
しかし、今はそれが解消されました。
MBAプレミアム校の先生は適度に厳しく、正確に答えるまで待ってくれたり、促してくれたり、あとは言いたいこと汲み取って修正してくれたことで、私のアウトプットで上手く表現できないという悩みの解消に繋がったと思います。



めぐ武田様の悩みが解消されてよかったです。
今後フィリピン留学を考えている方々にアドバイスをお願いします。



unnamed (4)英語初心者の方が多く感じましたが、例えば1か月フィリピン留学するとある程度英語を話せるようになると思っている方が多い気がします。あくまで私の意見ですが、それは厳しいと思います。
例えば仕事で新しい部署に移って全くやったことのない仕事を1ヶ月した後、その部署で5年も10年も働いている人と同じスキルを持てるかというと、持てないです。英語もそれと同じだと思います。
では短期留学の場合どうするかと言うと、もちろん英語のアウトプットをたくさんして英語学習の仕方、中でもアウトプットの学習方法を身に着けるべきだと思います。そして英語を話す場を作って継続することが大事です。
あとはフィリピン留学に来る前にインプットして、フィリピン留学期間中はアウトプット中心にするべきです。




めぐ素敵なアドバイスありがとうございます。
最後になりますが、MBAプレミアム校へのフィリピン留学を検討されている方へメッセージをお願いします。



unnamed (4)社会人で英語に慣れていない方、英語学習に集中したい方にはとても良い環境だと思います。少人数制ですので英語を話すことに集中できます。私は大勢の日本人がいる環境だと英語学習に集中せず遊んでしまうタイプなので、MBAプレミアム校の環境が合っていました。そういった環境で学びたい人には、MBAプレミアム校が向いていると思います!