DSC_01012
81

16週間のセブ留学で得た趙姉妹の貴重な体験

趙銀璟 趙潤璟 ツアーコンダクター 日常マンツーマンコース


ryuya今回は、なんと姉妹でMBAに16週間ご留学頂いた趙さん姉妹へのインタビューとなります。さらに、誰からも愛される趙さんは、2名のご友人もお誘い頂き、合計4名でのごフィリピン留学となりました。そんな趙さん姉妹が何故MBAを選んだのか、どんな人柄なのかをガンガン質問してみました。


ryuya早速ですが、現在のご職業は何をされていますか?


趙銀環私達はツアーガイドとして、韓国のお客様に日本を紹介・案内する仕事をしています。


ryuya日本にはどの様なきっかけで行くことになったのですか?


趙銀環私は田舎育ちの人間で、幼い頃は外国人に会ったり、海外旅行をしたことがありませんでした。その為、外国への関心もありませんでした。しかし、大学1年生の時に外国に行くチャンスがあり、その国が日本でした。


趙銀環その初めての海外訪問が、私の大きなターニングポイントだったと思います。そこから、海外に興味を持ち始め、大学2年生の時には1ヶ月の間、姉妹校である日本の別府大学の寮で生活をしました。その後も、日本の語学研修の機会を得ることができて、2年間日本語を勉強しました。


ryuya今回のセブ留学のきっかけは何ですか?


趙銀環日本から帰国後、他の国にも旅行に行き、もっと海外のカルチャーに触れたい、英語をもっと勉強したいという思いが強くなり、2年くらい前から留学することを考え始めました。


趙銀環
仕事が忙しくて中々行けるタイミングがなかったんですが、今回一緒にきた妹(趙潤璟)と友達(任淸璟・趙珠恩)も一緒に行くと言ってくれて、みんな丁度良く都合が合ったので、いいタイミングだと思い、今回のセブ留学を決めました。


ryuya4人一緒なんて凄いですよね!中々できる事じゃないです!本当に友達は財産ですね。


ryuyaセブ留学中の生活はどうでしたか?


趙潤環とてもよかったです。2人でいると姉妹喧嘩ばかりだったんですけど、セブにきてからは喧嘩もなく4ヶ月間4人仲良く過ごす事ができました。


ryuya4人とも皆さん明るく色んな方と仲良く過ごしていた印象がありますが、他の生徒さん達との交流はいかがでしたか?


趙銀環最初は私達4人だけで一緒に行動していたので在校生とはあまり仲良くなれませんでした。そうした状況を打開する為に、私達はアイランドホッピングや一泊旅行などを調べて、他の生徒さん達を誘うようにしました。


趙銀環そこから私達も他の生徒さんと出かけるようになり、徐々に在校生との新しい交流が増えてきました。4人だけでなく、新しい友達と一緒に色々なところに行き、多くの思い出を作ることができて、本当に楽しかったです。


ryuya英語力は伸びましたか?


趙銀環16週間も勉強したので英語はもうペラペラだろうと聞かれますが、言語はそんなに簡単ではありませんでした。日本語を2年間勉強し、それでもまだ知らない単語や表現があるのに、16週間で出来るわけがないのは分かっていました。


趙銀環最初の1ヶ月間は本当に一体何を言っているのか分からなくて苦労しました。授業で一番話した言葉は「 I don’t know」と「I don’t understand」でしたね(笑)


ryuya今回のセブ留学で大変だったことはありましたか?


趙銀環仕事柄、長時間座ってじっとしているのにも慣れておらず、授業以外の時間ではあまり勉強もしていませんでした。それでも時間が過ぎたら何となく分かることが多くなってきたのが不思議でした。


ryuya他に大変と感じたことはございましたか?


趙銀環
プレゼンテーションです。元々話すのは好きだったので、1ヶ月ほど経った頃にはMBAの社会人の方に人気のあるプレゼンテーションにも挑戦しましたが、知っていた単語が恐らく50語程度でしたし、簡単な文法すらも知らなかったのでかなり苦労しました。


ryuyaプレゼンテーションの練習はどの位されましたか?


趙銀環多分100回ぐらいはスクリプトを読み直したんじゃないかなと思います。単語も知らない、文法も知らない、書いて伝えようと思ってもスペルが分からない。


趙銀環それでも話したいことはたくさんあって、分からないなりに、たくさんのことを伝えました。担当してくださった先生達も大変だったとは思いますが、プレゼンテーションを実施したことが今回のセブ留学の中でも成長に繋がったと実感しています。


ryuya英語を学習するまで、海外でのコミュニケーションはどうやって乗り切りましたか?


趙銀環片言の英語とジェスチャーです。私達の場合、言いたい事は間違っていても気にせずに喋っていました。


趙銀環以前、アメリカ旅行に言った時にも、「あなたみたいに間違った英語を気にせずに使う人は初めてみた」と言われた事がありました。しかし、間違っていても言ってみたほうが絶対にいいと私は実感しています。言葉は伝えることが大切なんです。


ryuya同感です。
ちなみに好きな授業ってありましたか?


趙潤環リスニングクラスですね。
歌を聴くのが元々好きだったので、リスニングクラスは音楽を多く取り入れた授業だったので、楽しく授業を受けることができました。


ryuya歌えるようになりました?


趙潤環一曲だけですが(笑)もともと韓国の曲しか聞いていなかったので、セブ留学に来て初めて洋楽の良さを知ることができて更に音楽が大好きになりました!


ryuya歌の意味は分かるようになりましたか?


趙銀環初めは全く分からなかったのですが、今なら半分くらいは分かるようになりました!韓国語も日本語も発音するときに舌を巻かないので、耳が慣れず未だにリスニングには苦労してます。


ryuya16週間での自分の変化は何かありましたか?


趙潤環英語に関しては、数少ない単語しか今までは使うことができませんでしたが、文法を意識して喋れるようになりました。


趙銀環私は実は当初、セブ留学への不安がありました。
16週間は仕事ができず、無収入となってしまうので金銭的な心配がありました。でも去年の熊本地震があった時に妹が熊本にいたのですが、その時、いつ何が起こってもおかしくないんだと実感しました。


趙潤環
金銭面の事を考えても仕方ないと思い、セブ島に来てからは食べたいものは全部食べて、やりたい事は全部やりました!想像以上にお金を使ってしまいましたが(笑)でも、お金を使った事に全く後悔していません。むしろこのような貴重な体験ができて非常に満足しています。お金を残すより、かけがえのない経験・思い出が増えたことが良かったです。


ryuyaフィリピン留学を検討中の方へメッセージをお願い致します。


趙潤環英語を話すときにはプレッシャーを感じずに会話自体を楽しんで欲しいです。
MBAの先生達は明るく楽しく会話をしてくれるので何も不安に感じる事はないです。


趙銀環MBAは基本一人部屋で環境が良いので勉強に集中する事ができます。
MBAはセブ島に学校があるのでアクティビティと勉強のどちらもでき、勉強と休日の両方を充実がさせることができます。


趙銀環
人見知りの人でも1階にレストランがあり、そこで社会人同士の様々な交流ができるので辛くありません。私は、インターネットで様々な学校を調べましたが、留学する時に欲しかった条件が全て揃っていたのがMBAでした。大人が通うための最高の条件が揃っていると思います。


趙銀環私がもしMBAに来ていなかったら必ず後悔していたと思います。そのくらい貴重な経験ができたと自信があります。日本の学生しかいない環境の中、私と妹、そして友人2人でMBAに留学し、常に笑顔で幸せな学校生活が出来たのは、全ての先生とスタッフ、4ヶ月間一緒に過ごしてきた学生達、そして、このような学校を作った3人の素晴らしいオーナー達のお陰です。本当に感謝しています。