DSC_1338
95

英語の域を超えたセブ英語留学

K 45歳 / ITコンサルタント ビジネスマンツーマンコース

イッシーアイコン現在どのようなお仕事をされていらっしゃいますか?


金栗現在はITのコンサルティングのプロジェクトマネージメントをしています。



イッシーアイコンお仕事をされる中で英語は使用していましたか?


金栗海外の方とミーティングを行ったりするので、英語は時々使用していました。



イッシーアイコン社内ではどのくらいの割合の方が英語を使用されますか?


金栗約6割以上の方が英語を使っていました。
ただ、コンサルティングは実働部隊なので、8割以上の人は英語を使用していました。



イッシーアイコン海外で今度も働かれるとのことですが?


金栗はい、今度東南アジアを中心にビジネス展開をしていきたいと考えています。
それを実現するためには、やはり英語力が問われますからね。



イッシーアイコンいつ頃から海外に興味を持たれたのでしょうか?


金栗実は、学生の時は全く海外に興味がなく、ずっと日本に居たいと思っていました。
しかし、グローバルな顧客が多かった為、「英語をやらなければ」という感覚になってきて、必要性を心から感じ始めたのはその時からです。
次第に「英語をやらなければ」という意識から、「英語をやりたい」という意識に変わっていったのが大きいですね。



イッシーアイコン初日にK様の英語を聞かせて頂きましたが、すごく流暢に話されるなと感じました。もともと英語学習はされていたのですか?


金栗英会話学校に何度か行ったことはありましたが、自信を持つことができず、積極的に話そうとしていなかったと思います。 
今でも”もっと流暢に“というモチベーションは持っていますが、以前より自信を持って話せているのが、そのように感じられたのですかね。もともと自分が持っていた英語能力といえば、中学英語と会社で何年か必要に迫られて覚えた単語くらいです。 
以前、ドイツに本社がある企業に勤めていたのですが、会議中など、英語を使用するので、そういった英会話を聞いていく中で、知らない単語が出てきたら調べて覚える、ということを繰り返し行っていました。そのおかげかもしれないです。



イッシーアイコンセブ島にある沢山の語学学校の中でMBAを選ばれた理由は何でしょうか?


金栗選んだきっかけは、MBA渋谷校でのトライアルレッスンです。
トライアルレッスンを受けて、「ここだ!!」と直感的かつ瞬時に感じ、すぐに申し込みをしました。
なぜかというと、講師がその場でパパッと自分のレベルを分析し、「自分に多少負荷がかかるちょうど良いレベル」で授業をしてくれたことが、自分の求めていた授業スタイルと合致したからです。



イッシーアイコン渋谷校の授業に満足して頂き、ありがとうございます!
実際にセブ校で授業を受けてみて、いかがでしたか?


金栗講師のレベルが高いですね!
想像以上に授業内容のバリエーションが多かったです。
特に、授業プログラムが細かく分けられており、1つ1つフォーカスした授業が出来る点に大変満足しました。コアティーチャーがそれらをうまくコーディネートしてくれていたことを肌で感じました。 
またコアティーチャーとは会話する時間が長く取れたことと、自分の意見を聞き入れてくれる人だったため、単なる英語を超えて、人生論の話までしてしまいました。



イッシーアイコン授業プログラムの中で、特に良かったプログラムはございますか?


金栗
日本語でもコミュニケーションが難しいネゴシエーションスキルを身につけるための「Business English」や、コーチング・ブランディングと行ったトピックで授業をコーディネートしてくれた「Elective」、政治・経済等の時事問題について勉強する「Current Event」クラスが、特に印象に残っています。例えば、「Current Event」では、講師が自分の職種に合わせた記事をピックアップして授業に反映し、それに対してディスカッションをするのですが、その際にあえて難しい質問や答える時間を多くしてスピーキング力高めようとしてくれました。
この授業だけではなく、他のプログラムの担当講師も、連携して私の英語力向上に向けて、一丸となり動いてくれているのが目に見えて分かりました。



イッシーアイコン授業以外での留学生活はいかがでしたか?


金栗不満はなかったですね。
すぐに授業や授業以外での要望に対して素早く対応してくれたので、
講師含め、全スタッフのスピード力を感じました。



イッシーアイコン留学を終えて、ご自身の変化はございますか?


金栗スーパーポジティブになりました! 
そして、言語を超えたいくつかの不思議な経験もしました。(詳しくは内緒ですが、人生においてきっと忘れることのない良い経験だったと思います。)
これも、MBAとの繋がりを持てたおかげですね。



イッシーアイコン最後にフィリピン留学を検討されている方へメッセージをお願いいたします。


金栗自分の道を決断するのは、自分です。
私は、今回の留学を通して沢山の方に会ってきました。
他の生徒の皆さんはもちろん、社会人の方々でした。 みなさんの様々な背景を聞かせて頂いたり、意見交換をさせてもらう中で、様々な価値観を共有できたのはこのMBAの社会人留学ならではだと思います。
「英語を話したい」・「レベルを上げたい」と思っている方にとって、この体験談が参考になればと、心から思います。