留学手続きについて


Q  キャンセル規定の情報があれば、教えて下さい。
キャンセル規定に関しましては、キャンセル規定のページをご覧ください。
Q  海外ワーカーコースは、何時で授業が終わりますか。
海外ワーカーコースは、半日(午前中4コマ)のみのコースとなりますため、13時20分に授業が終わります。
(8時40分〜13時20分、1コマ毎に10分間の休憩)
Q  入学日は月曜日指定、卒業日は金曜日指定ですか。
左様でございます。
週半ばのご入学並びにご卒業の場合も、1週間分の基本料金のご請求となります。
Q  子供を含めた家族留学の受入は可能ですか。
当校ではご夫婦やご友人でご留学して頂くペアコースはございますが、お子様を含めてのご家族での受け入れは行なっておりません。
Q  到着後にお支払いする諸経費はカードで支払い可能しょうか。
到着後に当校へ直接お支払い頂く代金に関しては、現金(ペソ)のみのお支払いとなっておりますので予めご了承下さい。
Q  留学の持ち物について教えてください。

パスポート

海外に行く際には必須となります。パスポート申請に関しましては、以下の2点にご注意ください。
(1)有効期限:有効期限が半年未満の場合はビザ延長で問題が生じる場合がありますので、パスポートの更新を行なってください。
(2)発行にかかる期間:2〜3週間程度かかります。余裕をもって申請を行なってください。

航空券

フィリピン入国時には、フィリピンからの出国のチケットが必要になります。
片道チケットでは入国ができませんのでご注意ください。
2ヶ国留学の方は、2ヶ国目に入国するための航空券の購入でも問題ございません。

海外旅行保険

スケジュール確定後、海外旅行保険に加入をしましょう。
海外旅行保険を提供している企業様は数多くおりますので、ご自身にあったプランを選択しましょう。

現金

フィリピンではペソが使われております。
現地のショッピングセンター、空港、銀行、ホテルなどで両替できます。

あると便利なもの

電子辞書

英語学習において大変便利です。ぜひお持ちください。

参考書

日本語の参考書は現地で購入できませんので、使い慣れている参考書を何冊かお持ちすることをお勧めします。

文房具

筆記用具、ファイル、ノート等現地でも購入可能ですが、日本製の方が質が高いため、出国前に購入することをお勧めします。

常備薬

現地購入も可能ですが、外国製のものですと日本人にあわない場合などがございます。
使用経験のある常備薬をお持ちすることをお勧めします。

水着

セブ島のビーチを満喫するためには必需品です。
現地購入も可能ですが、日本製のほうが上質です。

日本食

ふりかけ、インスタントみそ汁などは、フィリピンの食事に飽きた際に便利です。
特に長期滞在の場合は、お持ちすることをお勧めします。
Q  海外ワーカーコースの価格表が1ヶ月単位となっていますが、1週間からでも入学可能ですか。
こちらのコースは4週間からのみとなっておりますので、4週間未満でのお申し込みは出来かねます。

現地生活について


Q  海外旅行保険に関して、何かに加入した方がいいでしょうか。
怪我や体調を崩された際、盗難の被害に遭った際に備えて、是非とも加入をお勧めしております。
また、お手持ちのクレジットカードに海外旅行の付帯保険が付いてあれば、そちらでもまかなえるかと存じます。
実際には、クレジットカードの付帯保険のみで、いらっしゃる生徒様が多いです。
但し、カード会社によって条件が異なっておりますので、詳しくは直接カード会社にお問い合わせ下さいませ。
自動付帯と利用付帯については必ずご確認下さいませ。
Q  日本の電化製品を使用する場合、変圧器・変圧プラグは必要でしょうか。
日本仕様の電化製品を使用する場合、変圧器が必要になります。
ノートパソコン、デジカメ、電気カミソリ等でフィリピンの電圧(220V)に対応している製品であれば、宿舎内のコンセントにてご利用頂けますので、変圧器は必要ございません。
ドライヤー等、使用できない製品もございますので、お気をつけ頂ければと思います。ドライヤーは各お部屋に備え付けのものがございます。
Q  服装や持っていく衣類について、アドバイスがありましたら教えてください。
一年を通して平均気温が25~30度となりますので、夏物衣類(Tシャツ、半袖シャツ、ショートパンツ、下着、靴下等)をご持参いただければと思います。
また冷房対策として、長ズボン、長袖シャツ、薄手の上着もお持ち頂ければ安心かと存じます。
Q  セブ島の治安は大丈夫ですか。
フィリピンの中でも、セブ島は観光地であるため、比較的治安は安定していると言えます。
ただし、当然ながら人通りの少ない道や薄暗い道などは、なるべく避けるようにしてください。
また、盗難の多いエリアもございますので、日本で生活している以上に注意を払っていただければと思います。
入学後のオリエンテーションでもご説明いたしますのでご安心ください。
Q  フィリピン入国の際に注意することはありますか。
パスポート残存有効期間が6ヶ月以上+滞在日数以上必要です。
また、往復の航空券もしくは、第3国に出国する航空券が必要です。
15歳未満の一人旅は入国不可。親子でもファミリーネームの異なる場合は、親子関係が証明できる書類が必要です。親以外の保護者同伴の場合はビザが必要です。
体に刺青のある方、犯罪歴がある方は通常、入国出来ません。
Q  学校近くに病院はありますか。
当校よりタクシーで10分程度の場所に、総合病院がございます。
こちらは日本人スタッフも常駐していますので、安心して診療いただくことが可能です。
無保険での診療代は高額になりますので、海外旅行保険に加入されることをお勧め致します。
Q  生活費はどのくらい必要でしょうか。
生活スタイルによって異なりますが、おおよそ物価は1/3~1/5と考えていただき、各自試算いただければ、おおよその生活費は算出できるかと思います。
レストランの相場(1食)は、ローカルレストランが100〜150ペソ、一般的なレストランが300〜500ペソ、居酒屋が500〜800ペソです。
Q  交通手段はどうすればいいでしょうか。
タクシーでの移動をお勧めいたします。
ジプニー(現地人が活用する乗合バス)は治安面で不安がありますので、極力お控えください。
Q  衛生面で気を付けることを教えてください。
日本と比べて衛生状態はよくありません。特に生ものは絶対に食べないでください。
また、水道水に関しても飲めませんので、ミネラルウォーターを飲むようにしてください。
Q  学校の近くにショッピングモールはありますか。
学校から徒歩圏内に、日常生活で必要なものを揃えることのできるショッピングモールがございます。
また、セブには大型ショッピングモールが二つございますが、いずれも当校よりタクシーで30分圏内にございます。
Q  学校周辺にレストランはありますか。
宿舎周辺のローカルレストランへは徒歩5分以内で着きますのでご安心下さい。
日本食や韓国レストラン等に関しましては、タクシーで10分~15分の距離にございます。
Q  チップの文化は一般的ですか。
フィリピンでは基本的にチップを渡す必要はございません。

宿泊施設について


Q  セキュリティボックスの有無を教えて下さい。
お部屋に備え付けのセキュリティボックスがございます。
鍵はスタッフが管理しておりますのでご使用の際はお申し付け下さい。
Q  宿舎内レストランの利用について。
当校宿舎内にございますレストラン「AJITO」にて、平日朝食を召し上がっていただけます。
平日のランチ、ディナーは利用可能ですが、有料となります。土日は夜のみ営業。
Q  タオルのご用意はありますか。
宿舎より、バスタオルは週3枚(1日1枚計算)支給されますので、そちらをご利用頂けます。
また、バスタオルの他にフェイスタオル、バスマットを1枚ずつご用意しております。
最大週2回のルームクリーニングを希望制で行っております。その際タオル類も交換させて頂きます。
ただし、ホテルのタオルを海などへ持って行き紛失してしまった場合、弁償となりますので、お取り扱いには十分ご注意ください。
Q  部屋にハンドシャワーはありますか。
全室ハンドシャワーを採用しております。
そして当校ではフィリピンでは珍しい軟水を使用しております。
Q  洗濯機、乾燥機は宿舎内にありますか。
ご宿泊頂く宿舎の3階と5階に洗濯機と乾燥機をご用意しております。洗剤は別途ご用意下さい。
それに加え、毎日17時〜17時半にランドリー業者が洗濯物を回収に参ります。
料金は1kg 30ペソ(約100円)のご案内となっております。
お時間は2日程かかりますが、洗濯、乾燥、たたんだ状態での仕上がりとなります。
追加料金をお支払頂ければ、早めの仕上がりも可能でございます。
Q  チェックインとチェックアウトの時間を教えてください。
チェックインは、入学日前日の日曜日8:00以降となります。
※例 4月10日(月)が入学日の場合、4月9日(日)8:00時以降
チェックアウトは、留学終了日の翌日12:00までとなります。
※例 4月15日(金)が卒業日の場合、4月16日(土)12:00まで
延泊料、及び前泊料は、一泊あたり2,000ペソとなります。
Q  お部屋のアップグレードはできますか。
お部屋のグレードアップは12,000円/週にてご案内をしております。
グレードアップのお部屋は先着順でのご案内になりますので、予めご了承頂けますと幸いです。
お部屋の違いにつきましては下記をご参照頂けますと幸いです。
SILVER校の生徒様はご選択頂くことができません。ご希望の場合はGOLD校でのお申込となります。

スタンダードルーム

内窓(直接外部に面した窓ではございません)
シングルベット(横100cm×縦200cm)×2
GOLD校の生徒様は必ずお一人でのご使用となりますので、ご安心ください。ペアコースの場合は、上記お部屋に2名様(ペア)でのご案内となります。

アップグレードルーム

外窓(通常の窓でございます)
ワイドダブルサイズのベット(横154cm×縦200cm)×1
ご希望がございましたら、ペアコースでのご案内も可能でございます。
Q  インターネットの利用は、宿舎内で利用可能でしょうか。
もちろん可能です。当校では、ビジネスマンを対象としておりますので、インターネット環境には特に配慮しております。
当校オフィス、ホテルロビーでの利用はもちろんのこと、各階、Wi-Fiを完備しております。ご希望の方は500ペソ/週にてポケットWi-Fiを貸し出しております。
Q  チェックイン当日からインターネットの使用は可能ですか。
Wi-Fiをチェックイン当日よりご利用して頂けます。
Q  門限はありますか。
ございません。社会人経験者が対象ですので、自己管理をお願いしております。
但し、治安面での不安はございますので、深夜の帰宅・外出等は極力お控えください。

MBAについて


Q  留学前の勉強として、どのようなことをしておくべきでしょうか。
これまでの卒業生の声を集約しますと、事前に最低限の文法・単語の学習をしておくべきだったと仰っております。
現地ではマンツーマンレッスンが中心になり、英語で話す時間が十分にあるため、基本的な知識がないとその時間を有効活用することが難しくなって参ります。
もし留学前に不安がございましたら、上記の学習をお勧めします。
Q  授業をICレコーダー等で録音することは可能でしょうか。
可能でございます。
ご要望がございましたら、その都度担当講師にご相談頂ければ、柔軟に対応いたします。
Q  英語初心者ですが、大丈夫でしょうか。
問題ございません。実際に当校にご入学いただいている方の多くは、英語初心者からのスタートですのでご安心ください。
初心者でも安心して留学いただけるよう、毎日最低6時間のマンツーマンレッスンを設けております。
また、グループクラスを受講される生徒様に関しましては、グループクラスで同レベルの他生徒様と一緒になるように、生徒様の英語レベルを把握するように努めております。
Q  どのような方がMBAに留学していますか。
他校では、留学生の多数は大学生となりますが、当校では全生徒が社会人経験者となります。
参考迄にHPにございます卒業生の声を見て頂けますと、イメージしやすいかと存じます。
また、MBAの生徒様の属性データはデータで見るMBAに公開しております。
Q  祝祭日・年末年始は授業はありますか?
当校では祝日は休校とさせて頂いております。
フィリピンの祝祭日は日本と異なり、急に変更することや制定されることがあります。そうした場合にも、祝日による休校に関しては、授業の振替や返金はございませんので、ご了承ください。
以下は2016年の休校日(祝日)となりますので、予めご了承下さいませ。
          
2016年
3月25日【金】
7月8日【金】
8月29日【月】
11月30日【水】
12月30日【金】
Q  フィリピン人講師と食事に行ってもいいでしょうか。
節度を守っていただければ問題ありません。
講師、生徒様ともに翌日の授業に万全を期すため、平日は22時までにお食事を終えてください。
講師と外出する際は、事前に届出をお願いしております。
Q  本当に英語力が伸びるか心配です。
当校では全生徒が自身の目標に到達できるよう、以下の仕組みを導入しております。

コアティーチャー制度

各生徒様に対して、1名ずつ主担当講師を配置いたします。この主担当講師は、生徒様の英語力向上に責任を持ち、各々のご要望に応じたレッスンプランを組み立てていきます。

週次でのフィードバック制度

ご滞在中、生徒様には週次で各クラスの評価をしていただきます。それに基づいて、迅速に授業内容の改善を図って参ります。

コンサルテーション制度

ご希望に応じて、フィリピン人マネージャーもしくは日本人マネージャーとのコンサルテーションの場を設けております。
授業内外のご相談に対して、親身に対応させていただきます。
Q  フィリピン人講師の発音の訛りが心配です。
フィリピンはアメリカの植民地だった過去もあり、特に教育をしっかりと受けたフィリピン人の英語はネイティブに非常に近いです。
当校の採用試験では、数十倍の倍率を突破した実力派の講師陣となりますので、自信を持ってお薦めいたします。
Q  仕事をしながらの留学になりますが、可能でしょうか。
可能な限りストレスなくお仕事ができるよう、環境づくりに努めております。
尚、弊社別事業にてコワーキングスペースを運営しておりますので、そちらもご利用頂けます。
Q  プレゼンテーションクラスについて教えてください。
毎週金曜の午後に実施している当校のメインクラスです。
一人当たり5分程の時間の中で、パワーポイントを使用して、全講師・全生徒様の前で発表をしていただきます。
一週目は自己紹介になりますが、二週目以降は毎回設定されたテーマに沿った発表をしていただきます。
原則、全員参加をいただいておりますが、もし何らかの理由で参加できない場合は、個別にご相談ください。
Q  TOEICの受験はできますか。
当校では公式TOEICは実施しておりません。
月に一度、他校で実施しておりますので、10日前までに申込を済ませば受験できます。
詳しくは、CEBU English様のページをご参照ください。
http://www.cebu-english.com/shiori/25118/
Q  TOEIC、IELTS対策はできますか。
可能でございます。ご要望がございましたら、担当講師にお伝え下さいませ。
また、TOEIC対策を集中して行ないたい方に関しましては、TOEICコースをご選択下さいませ。
Q  ビジネス英語ではなく、日常会話に特化して学ぶこともできますか。
可能でございます。日常会話に特化して勉強したい方に関しましては、日常マンツーマンコースをご選択下さいませ。